コンバージョンEV

2030年、脱炭素社会における軽自動車の早期対応は、マス層に向けたスケールの拡大を目的に段階的に実施することで、社会実装のフロントローディング化を期待することができる。新規EVでの量産コストが消費者との需給バランスと釣り合う時期までにコンバージョンEVで、スケールへの期待感の市場認知と共に、脱炭素社会の早期実現、および経済循環の役割、生活基盤の為の移動性を再構築する為にも商用EVの市場投入時期をフロントローディング化するコンバージョンを開発、提供します。>動画を視聴

TAGS