SOLUTIONS

システムアーキテクチャーを理解する高度な分析から新たな「Insight」を得る事で、これまでの不可能を解決する
それが、AZAPA のシステムデザイン力だ

MBR

Requirement

MBD

Design

MBT

Testing

MBC

Calibration

SYSTEM
DESIGN
COMPANY

システムの求める性能の最適解を機能で実現する

制御構造分析 Solution

モデル変換と構造最適化

制御環境構築 Solution

性能機能検証環境の構築

制御設計 Solution

目標性能改善提案と機能開発

制御実装 Solution

ECU 実装と機能品質の確保

MODEL-BASE
DESIGN
COMPANY

バーチャルな世界で、スピーディーな意思決定と合意形成を行う

価値設計 Solution

価値の指標設計と価値分析

性能 Solution

価値設計と実現性の合意

冗長設計 Solution

安全品質の確保

MEASUREMENT
ANALYTICS
COMPANY

リアルからモデルに必要な計測を行う

モデル計測 Solution

計測により特性モデルを開発

計測 Solution

計測により目標性能と差分を検証

Model Base Technology

SYSTEM
DESIGN
COMPANY

脱炭素社会の実現に向け、自動車を中心とするモビリティ産業においても、エネル ギー利用の観点において、EV/HV への早急な移行が必要となる。不確実な未来にお いて、事業の転換や方向性の見直しをする必要性がある中、必ずそこには再構築ま での空白期間が発生します。当カンパニーは、ENG から HV/EV への転換における 空白市場をエネルギーとモビリティの結合でインテグレートします。

コンバージョンEV

2030年、脱炭素社会における軽自動車の早期対応は、マス層に向けたスケールの拡大を目的に段階的に実施することで、社会実装のフロントローディング化を期待することができる。新規EVでの量産コストが消費者との需給バランスと釣り合う時期までにコンバージョンEVで、スケールへの期待感の市場認知と共に、脱炭素社会の早期実現、および経済循環の役割、生活基盤の為の移動性を再構築する為にも商用EVの市場投入時期をフロントローディング化するコンバージョンを開発、提供します。

走行動画
プレスリリース

HVシステムインテグレーション

脱炭素社会の実現に向け、モビリティにおけるEVへの移行は、必然的であるが、コスト、性能の両立性において、エンジンシステムから、EVへの移行が困難な局面もある、バッテリのコスト、性能が最適化されるまでの、空白期間を、HVにより埋める必要性もある。当カンパニーは、このHVにおけるエネルギーの最適化ソリューションを提供します。

エンジンシステムインテグレーション

エネルギーの転換により、エンジンから、HV/EVへの移行が加速する中、まだまだ、日々の生活にエンジンを必要とする人々にモビリティを提供する必要があるが、各社事業転換の中、機能、性能の維持向上ができないという空白領域が存在する。当カンパニーは、エンジン制御とシステムインテグレーションを提供します。       

MODEL-BASE
DESIGN
COMPANY

モデルベース技術を基軸とした、理解しやすい価値設計、シミュレーションと統計手法を組み合わせた効率的な性能分配が、誰でも出来るやり方とツールを提供します。

Product Partner:Mathworks

#AZP-TDM    |    #モデルベース    |    #価値設計    |    #機能展開

価値設計ソリューション

文字で表現されたシステム要求を抜けモレなく機能展開するのは、熟練のエンジニアでも大変な作業で、この作業を若手のエンジニアに伝承するのは困難を極めます。AZAPAの価値設計ソリューションは広く普及しているMATLAB/Simulinkのプラットホームでモデルベース技術を基軸とした理解しやすい、やり方とツールを提供します。

#AZP-TDM    |    #モデルベース    |    #性能分配    |    #統計手法

性能分配ソリューション

漠然とした複数のシステム性能目標を満たす最適解を求めるために、数千通りの組合せ評価をリアルな世界で行うのは困難を極めます。 AZAPAの性能分配ソリューションは広く普及しているMATLAB/Simulinkのプラットホームでモデルベース技術を基軸としたバ性能シミュレーターと手軽に使える統計解析手法を組合せた、バーチャルな世界で最小限の時間で最適解を求めるやり方とツールを提供します。

MEASUREMENT
ANALYTICS
COMPANY

「人・環境・クルマの性能メカニズムを見える化することで、新たな価値を創造する」
自動車開発では、環境適応や独創的な走行性の実現などシステム全体性能の最適化が求められます。例えば、自動運転の未来社会では、人の認知判断〜感性に至るまでのアーキテクチャーを紐解くことで、優良ドライバーのスキルを運転・交通システムとして構築していなければなりません。そのような高度なメカニズムを誰もが早期に実現できるような計測・解析システムのイノベーションに取り組んでいます。

Partner:早稲田大学

性能メカニズム・モデル計測

計測は、単に燃費等の基準準拠や適合レベルの調整ではなく、企画段階から性能・機能について積極的に活用するものです。顧客要求・競合差別化の視点で多様な性能軸のプロポジション分析を行い、どのような性能・機能を実現すべきか明確にし、具体的な設計とリスクを把握します。今存在する性能メカニズムに新たな制御機能や部品特性を加えることで全体システムの最適化&リダクションをイノベーションレベルに向上する事ができます。

動的感性計測・リアルタイム解析

プロドライバーによる官能評価は、一般人が長く使って初めて判るような性能を、ほんの一瞬で評価しており定量化難易度が高い。それを定量化するには、評価者が体感し判断する処理速度に同期して結果を見える化し、人の記憶を記録にする必要がある。人間の感性は相対的で一瞬の変化も繊細に感じとれるので、動的な感性因子をリアルタイムで見える化することが定量化の鍵となります。そして、その感性に影響する各部の車両挙動を同期計測することで、感性に必要不可欠な挙動をモデル化できます。

Driving Robot・人間らしい制御

シャシーダイナモ上の車両を運転するドライバーには、非常に高いスキルが要求されています。例えば、決められた車速パターンを±2km/hという精度で1時間以上走行し続けなければなりません。通常では体感できる加速度も台上試験では体感できず、それを脳内で再現することも重要なスキルです。また、車速を維持するための頻繁なペダル開閉は、燃費などの性能を悪化させ評価の正確さを失います。それら全てを満たす自動運転ロボットは、人間らしい運転ができるロボットです。

ENERGY
COMPANY

カーボンサイクルをグローバルな規模で構築し、再生可能エネルギーと分散グリッ ドによるエネルギー需給バランスの最適化やコミュニティ相互でのエネルギー調整 力は、エネルギーグリッドを再編します。ハイブリッドを含めた環境車両は、移動 グリッドとしてエネルギーの新たなインターフェースとなります。我々は小さな生 命の集まりであり、地球規模では何者でもない、ただの弱い存在であることを再認 識しなければなりません。イノベーションは、小さな意識や存在で会っても、いず れ大きな波動となって、サスティナブルな世界を構築していきます。

再エネ導入コンサルティング支援

再エネ拡大に向けた積極的なエネルギー政策を踏まえ、オフグリッドの再エネ導入による脱炭素と経済循環の両方を実現し、更にEV普及を促進することで、経済活動のための移動性を失わないビジネスモデルの開発や新たな社会実装への具体的な取り組みを支援します。独自のカーボノミクスシュミレーター(モデルベーステクノロジーによる分析基盤)で、再エネの導入による従来のエネルギーと経済循環からの変化を高度計算して、社会実装したメリットとデメリットを分析・レポートします。既存の再エネを効率良く活用する為のシステムインテグレーションも提案します。

SERVICE
COMPANY

人の感情や行動こそが社会システムを形成する源である以上、デジタルテクノロジー の進化が、人と自然環境、他の生態系との関係性 ( 複雑な相互作用 ) をシミュレーショ ンし、新たなインサイトを我々に与えてくれます。もし、この瞬間、誰もが地球の 疲弊をより具体的に理解できるとしたら、人工知能が新たな行動原理を確立し、利 他的な行動へ誘導してくれるイノベーションを社会システムに実装する可能性だっ て、あるのではないでしょうか。それこそ、我々が考えるコミュニケーション・テ クノロジーです。

TAGS