自動車メーカーを頂点に、数え切れないほどの企業で構成される自動車業界。
階層別に整理すると、自動車メーカーに部品を供給するTier1、その下にTier2、Tier3と続くピラミッド構造があります。
AZAPA はこのピラミッドの中で、Tier0.5 という全く新しい位置を獲得しました。それは世界と戦う自動車メーカーが、我々の独創性、プロジェクトのスピード感を評価し、最も身近なパートナーとして認めたことを意味しています。
具体的なビジネスモデルとしては、以下の2つのソリューション提供を軸としています。

研究ソリューション

自動車メーカーでのエンジンをはじめ、パワートレーン分野での研究サービス。モデルベースド・テクノロジーを基盤とし、要求設計から適合開発に至る Tri-V プロセスを提唱。プロセス開発におけるコスト低減、後戻り行程の削減を約束し、新制御開発などの研究を進めながら量産開発へサービスを提供する。

共創ソリューション

自動車業界だけでなく自動車業界への参入を目指す新たな企業と結びつきそれぞれのコア技術を融合させることで、オープンイノベーションを生み出すソリューションサービス。自動車業界のピラミッド構造に精通し同時にエンジン制御をコア技術とする AZAPA のみが実行可能なビジネスモデル。閉塞感のある既存の開発行程への挑戦とも言える。量産搭載を目指し、未来の自動車の機能システムを開発している。

INTEGRATION

(Function + Performance) optimization

AZAPA のシステムデザインと ECU + 制御で新たな機能と性能を提案できる存在へ転換

INNOVATION

Global competitive advantage

消費者との接点を維持、拡大する価値を最先端技術やプロセスで支援。

INNOVABILITY

INNOVATION + SUSTAINABILITY

新たな市場価値の仮説検証できる環境を提供、経済成長を相互で支える仕組みを創出。

SPECIAL
TALK

SPECIAL
TALK

SPORTS
SHIPS

SPORTS
SHIPS

TAGS