MOBILITY
移動の連続性を失わない世界の実現
MOBILITY
移動の連続性を失わない世界の実現
MOBILITY
移動の連続性を失わない世界の実現
MOBILITY
移動の連続性を失わない世界の実現

人は、移動という探求行為を拡張させることで、社会システムを構築して きた。それは、社会システムの成長の為に未知な世界との接点を獲得する ことであって、新たな物資や価値の発見、新たな選択肢すら与えてくれた。 社会システムにおける移動という機能は、例えるなら、シナプスのように ニューロンと類される経済と経済を接続し、成長への増幅と抑制を行う伝 達路の働きを行うシステムだ。そして、モビリティは、このシナプスと同 様に人が新たな世界を獲得するための道具として、大きな発展を遂げてき た。人が経済圏を広げ、生活に必要な物資を届け、経済を循環させるのも、 モビリティの役割となった。しかし、モビリティが利用するエネルギーは、 環境を破壊する。製造においては、大量なエネルギーを必要とし、移動によっ て大気に発散される CO2 は、膨大である。たとえ、CO2 の回収技術が高 度になっても、あまり効率的とは言えない。モビリティにおけるカーボン ニュートラルの実現は、社会システムや経済と密着している分、最も困難 な対応をしなければならない。なぜなら、電気自動車 (BEV) や水素を利用 する燃料電池自動車 (FCV) などの環境車両の普及には、マス層との需給バ ランスが成立しないければならないからで、低価格なガソリンからの脱却 は、簡単なことではない。現時点でのハイブリッド技術を搭載した自動車は、 この空白を埋める最高な技術ではあるが、なかなか転換点とはなっていな い。エネルギーのインフラ環境の整備も環境車両が増えないと進まない、 といった状況で硬直化している。そんな中、世界的に中国がゲームチェン ジャーとして環境車両への大転換を推し進める。こうした状況を好転させ る手段は、エネルギーとモビリティの融合であり、社会システムの再構築 におけるシステムデザインとインテグレーション技術が必要で、モビリティ の未来、あるべき姿を映し出してくれる。

01

Function Domain System

EV プラットフォーム構想

独自の次世代自動車の車載アーキテクチャーを構想、機能システム単位で統合したのは、今後は完成車両のみを流通させるだけでなく、機能システム単位での流通も起こると予測しています。その折には、劣化度合も違うので、それぞれで公正取引できなければなりません。ブロックチェーンは、車載ネットワークや認証、機能システムの劣化に関しても有効です。

02

エンジニアリング

自動適合やテスト自動化

ソフトウェアの開発は、モデルベースを基盤に構想、デザインを行い、 実装やテストは、自動化できる仕組みを提供しています。制御パラ メータの自動適合やテスト自動化を実現します。これにより、開発 効率を大幅に削減し、より機能や性能における企画や要求設計、要件化への時間を増やします。

03

エンジン制御/エンジニアリング

機能と性能のインテグレーション

我々の高い技術力の源泉は、自動車のエンジン制御の理論構築、OEMメーカーでの経験を基盤に、よ我々の高い技術力の源泉は、自動車のエンジン制御の理論構築、 OEM メーカーでの経験を基盤に、よりシステム全体の機能と性能 のインテグレーションを可能にします。燃費性能や始動性、ノック 低減、予測技術などの性能最適の改善や新提案、トレードオフ設計 を実現します。

04

計測ソリューション

ハブ直結 X 4駆動

計測は、燃費などの基準準拠や適合レベルの調整ではなく、企画段 階から性能・機能について、積極的に活用する。競争メーカーと多 様な性能軸でプロポジション分析をする事で、どのようなスペック の性能を開発すべきかを目標とする事で、具体的な設計とリスクを を把握することができる。今できることではなく、性能のアップデー トという今後の OTA による技術との融合や部品レベルでのイノベー ションが全体システムの最適化にどう影響するか、リダクショ ンをどう実現するか、を検討すべきだと考えています。

TAGS